Microsoft TeamsRoomsデバイスでCisco Webex/Zoomの会議に参加する

Microsoft Teams、TeamsRoomsは優れた会議ソリューションですが、SIP/H.323を利用した他社Web会議ソリューションとの接続が無料ではできないため、主に他社とのやり取りの際に不便を生じることが多々ありました。

最近のTeamsRoomsのアップデートで一部制限があるもののTeamsRoomsデバイスでWebexおよびZoomの会議に参加できたので記載します。

Continue reading “Microsoft TeamsRoomsデバイスでCisco Webex/Zoomの会議に参加する”

Microsoft TeamsRoomsをセットアップする

Microsoft Teamsではテキストチャットのほかに音声通話及びビデオ通話で相手とコミュニケーションをはかることが可能です。
Microsoft TeamsRoomsは会議室での音声・ビデオ通話のためのシステムで、遠隔拠点やリモートワーク参加者などとのビデオ会議をより円滑に行うことができます。
公式リンク

先日Microsoft TeamsRoomsデバイスを調達しセットアップしたので、手順及び躓きやすいポイントについて説明します。

※2020/07/21追記
消ディスプレイからの復帰時に映像信号が出力されない不具合について追記

Continue reading “Microsoft TeamsRoomsをセットアップする”

MacのSafariでMicrosoft Teamsを開く

Microsoft Teamsはネイティブアプリケーションとして各プラットフォームへ提供されているほか、メジャーなブラウザ上でWebアプリケーションとしても動作します。
今まではSafariでは動かなかったのですが、Safari側の設定をいじることによってプレビュー版扱いで動作するようになったようなので設定方法を記載します。

Continue reading “MacのSafariでMicrosoft Teamsを開く”

Microsoft Teamsのデータを保持する

Microsoft Temsは正式リリース(2017/3/15)から2年以上がたち、Office365を導入している企業を中心にかなりの勢いで活用が進んでいます。
企業での利用において各種サービスのデータの保持というのは往々にして求められるものであり、Microsoft Teamsのデータを保持するために管理者としてどういった設定が必要なのかまとめました。

2020/02/21 追記
※2020/02/20現在、この記事に記載している設定を適用するとプライベートチャネルの削除ができない問題が発生しています。
企業のガバナンスルールと運用負荷を測り、適切な設定を行ってください。

2020/06/08 追記
Microsoftのドキュメントが更新され、検証の結果プライベートチャネルにおいても訴訟ホールドが機能することを確認しました。
プライベートチャネルの削除ができない不具合も解消しています。

Continue reading “Microsoft Teamsのデータを保持する”